便通が良くなる食べ物で便秘を解消しています

私は便秘になった時、なるべく薬に頼らないようにしています。私は体質的に薬を飲むと副作用が出てしまうからです。

そのため、便秘もなるべく食べ物を変えて解消するようにしています。私が一番困った便秘は健康診断で、便を提出しなければいけない時です。

便を採取する日も決まっていますし、便の固さも重要です。硬すぎても柔らかすぎても、便を上手く採取することができません。

私の場合は便秘と下痢を繰り返すタイプなので、健康診断の時にちょうど良い便を提出するのが、なかなか大変な作業です。以前職場で同じような悩みの人がいたので、対策を聞いてみました。便秘改善 サプリ

やはりその人もちょうど良い便を促すために、食べ物で調整していると言っていました。

私の場合はキャベツが有効食材です。普段からキャベツは良く食べているのですが、健康診断の前になるとかなり大量のキャベツを毎日食べるようにしています。

さらにキャベツは加熱せずに、生のままで千切りにしたものを山盛りで食べます。1週間くらい前からその食生活を行うことで、かなり便通が良くなってきます。

最初の数日はあまり変化がありませんが、3日目くらいから徐々に便通が良くなってきます。
キャベツは食物繊維が豊富で水分もたっぷりと含んでいるのが良いようです。

腸内環境を整えるためにヨーグルトも毎日食べていますが、私の場合は便通自体にはそれほど効果が見られないような気がします。それぞれ個人ごとに自分に合った便通の良くなる食べ物が違うのかもしれません。

あなたはどのタイプ?便秘を起こす4つの不足

便秘は病気ではないからそれほど気にするものではないという人も居れば、便秘は心身ともに不具合を起こすものだから、早急に対処するべきだという人も居ますよね。

慢性的な便秘は栄養の吸収を妨げるだけでなく、栄養不足からくる過食症状、消化不良、代謝や免疫力の低下、腹部の張り、体臭の悪化、肌荒れなどを引き起こしますので、毎日スッキリとさせたいものですね。

実は20代~30代の女性では、約74%の方が便秘に悩まされていると言われています。
若い世代の女性に便秘症の方が多いのはなぜでしょうか。

●筋肉量の不足
もともと女性は筋肉が付きにくいものですが、運動量の低下やダイエットにより、便を押し出すための腹筋の力が弱く、便秘になりやすくなります。
また、お腹の中で腸を支えるだけの筋肉がないと、腸がゆるんで垂れ下がり、垂れ下がった場所に便が留まりやすくなり、便の重みでさらに腸が垂れ下がってしまい、酷い便秘に悩まされるようになります。
アスリートのように割れた腹筋を目指す必要はありませんが、駅の乗り換えや2~3階の移動なら、階段を使うようにしましょう。

●食事量の不足
ダイエットは女性の永遠のテーマのようなものですが、食べる量が少なくては便の元となる物が不足してしまいます。
食べる量が少ないから便が少なくても良いというものではありません。
便は食べ物の残りカスだけではなく、体内での役目を終えた細胞や腸内細菌なども含まれています。
死んだ細胞をいつまでも体内に溜め込む事の無いように、食事はしっかりと摂るようにしましょう。

●リラックス不足
ストレスや緊張状態が長く続くと、交感神経の働きが活発になり、副交感神経は働きが弱くなります。
腸の働きが良いのは副交感神経が活発に働いている時ですので、副交感神経を優位にするリラックスタイムを持つようにしましょう。

●水分不足
口から入った食物は、長い腸の中で栄養や水分を少しずつ吸収されていくものです。
水分の摂取量が不足していると、便の水分が少なくなり過ぎて硬くなり、曲がりくねった腸内を上手く動かなくなります。

むくんでいると太って見えるから、お洒落な靴が履けなくなるから、痛みがでるからと言って、水分を控え過ぎていては便秘になりやすくなります。十分な水分と、便に水分を残しやすくする、水溶性の食物繊維を摂るように心がけましょう。
便秘解消でおすすめのサプリメント

つらい便秘を解消!簡単にできる3つの方法

便秘になると下っ腹がぽっこりしたり、お肌が荒れたり、良いことが全くないですよね。
私も20歳を超えた頃から便秘になり始め、ウエスト周りがきつい日がよくあります。そんなつらい便秘を解消するために、ある3つの方法を試しているので、ご紹介したいと思います。

●お腹を「の」の字でさする
腸は小腸と大腸があり、それらは複雑に入り組んではいますが、大体「の」の字を描くように動いていきます。
なので、その通りにさすってあげることで、腸の動きが活発になって、排便を促してくれるんです。
一番おすすめなのは、寝転がった状態でさすることです。
身体がリラックスできますし、座っている状態よりも、腸がどこからも圧迫されることなく動いていってくれます。
何回かさすると、お腹がゴロゴロと鳴り始め、少し時間が経つと便意をもたらしてくれます。

●骨盤上部のきわを指で押す
骨盤上部の辺りは筋肉があるので、そこが刺激されることで近くにある腸が活発に動いてくれるようになります。
また、便秘になっている時って腰回りが冷えていることも多いので、骨盤上部を押すだけで徐々に温かくなってくるんです。
温かくなることで、更に腸が活発に動くようになります。

●のど飴をなめる
昔よく「のど飴をなめすぎると下痢になるよ」と母から言われていました。
それを逆手にとって、のど飴をなめて便秘を解消しようという方法です。
私は余り薬に頼りたくない派なので、のど飴を便秘薬代わりにしちゃいました。
これは本当に効果があって、なめ過ぎると本当に下痢になりそうな位です。
なので、これを実践する場合は、のど飴をなめる量に注意した方がいいと思います。

私はいつも、便秘になってから以上3つの方法で解消しています。ですが、便秘じゃない普通の状態を常に保ちたいなというのが本音なので、方法が見つかり次第、その常に便秘にならない方法へ移行していきたいなと思っています。

野菜、運動完璧なのに硬い便。しかし、気持ちを変えたら良くなった

デスクワークの仕事を始めて、ストレスで目が疲れることが多くなりました。最初は慣れない作業で、パソコンの前では常に緊張。離れても自分の仕事に対して、くよくよすることが多かったです。食事は野菜中心で、お肉はあまり食べません。

ご飯も白米じゃなくて玄米のいい食事を徹底。水分は、体の代謝をよくする白湯が基本です。運動も夜に30分きっちり行いました。食事、運動はほぼ完璧なはずなのに排便が苦しいのです。高校のときのようにコロコロ便ではなくなったのに、今度は太くて形が不規則なカチンコチンの便です。

2日に1回のタイミングで出てましたが、口から息を吸って吐き出す動作をしないといけないほどエネルギーのいる排便でした。そして、便が太くて硬くて痛く、トイレットペーパーには少し血が付きました。硬い便によって痔が発症です。排便のたびに繰り返し切れるから軟膏を塗ってました。

もっと辛いのが、腹痛です。カチンコチンの便が2週間ほど続くと、お腹が痛くなり、泥状の便が排出されます。これはネットで調べたら、硬い便と緩い便が交互に出る痙攣性便秘です。それにもう3年間苦しめられました。

しかし、最近ある事に気をつけたら嘘のように良くなりました。日光浴とお昼の運動です。行うとき、気持ちがいいな~!と考えたり、余計なマイナスの事を考えずに深く息を吸ってお散歩を楽しみます。気持ちは腸の蠕動運動に影響します。出来るだけリラックスしたほうが働いてくれるのです。

食事では切り干し大根、サツマイモを昼と夜に摂取。毎日ヨーグルトか納豆のどちらかを摂取。寝るときの睡眠の質にもこだわり、寝返りの邪魔をする枕を外しました。すると、ぐっすり眠れて脳が休んだと感じます。

これは今年に入って始めたんだけど、1ヶ月で良くなり、バナナ状の便に変化し、腹痛も起こらなくなりました。新たに分かったことがあります。便秘を治すには食事と運動だけじゃなく気持ちの面が大きいということです。つまり、楽観的に考えたほうがいいのです。

野菜ほとんどなしを高校3年間続けたら、便秘でお肌ボロボロ

高校のとき、野菜や水分をあまり摂らずに、家でラーメンとか甘いお菓子ばかり食べていたら便秘になってしまいました。そして、中学のときと明らかに変わったのはお弁当になったことです。

中学の時は給食で管理栄養士の作った栄養バランスがいいものを食べていたので、必ずバナナ状の綺麗な便が出てました。排便の時間も1分以内は確実でした。それがお昼の食事管理を自分で行うようになったことで、腸内環境が変わったみたいです。

お弁当にはシューマイやミートボール、スパゲティ、焼きそばがほとんどで野菜は麺類に少し混ぜてあるぐらいでした。そして、食事中に飲むドリンクは、コーラです。私の健康を考えて母が水筒にお茶を入れて持たせてくれても、クラスのほとんどが清涼飲料水だったので、恥ずかしくなり、私も!と自動販売機で買っていました。

自転車通学だったのに食生活がひどすぎて、便秘です。2日か3日にウサギのような便が出ることが私の排便のサインでした。それでもお腹が痛くならなかったので続けていました。卒業が近づく頃にはさらに悪化して、1週間出ないのが普通になりました。

お肌は乾燥して、粉をふいて、あごにはニキビが出来ています。これでは大学で恥ずかしいから、春休みに生活習慣を改めました。

お金を出して1週間に2回プールに通って、2時間ほど泳ぎました。水泳は体全体を使うのでお腹が温かくなります。天気のいい日は大股歩きでウォーキングです。ついでに日光浴できるので、セロトニンを補給できます。

食事は、やっぱりラーメンが好きでやめられなかったけど、麺より2倍ぐらいの野菜を入れました。毎日摂取したのは、納豆、ヨーグルト、りんごです。ドリンクのほうは、お茶と紅茶で清涼飲料水はまったく飲まなくなりました。

すると、最初は3日に1回だったけど、バナナ状の綺麗な便が出ました。もっと続けると、調子のいい時は毎日出るようになって、お肌も高校のときと別人になりました。短期間でも食事と運動に気をつければ変われるんだって学びました。

引越し後の、ご近所への挨拶

何回か引越しをしてきましたが、結婚して最初の新居が比較的いなかの方だったため、入居挨拶でちょっとしたトラブルになりました。4世帯入るアパートに引っ越したので、アパートの各部屋の人に挨拶すればいいだろうとタオルを用意、引っ越した日に挨拶に行き、安心していました。

するとある日、隣の奥さんからあわてて訪ねてきたのです。何事かと思ったら、「町内会の班長さんが、あなたの隣の部屋に誰か越してきたみたいだけど、今の若い人は挨拶に来もしない、昔は手ぬぐいの一本でも持って行ったのにねぇーって言ってる、急いで挨拶に行ったほうがいい」と言うのです。

え?班長って何?という感じだったのですが、その地方では町内会の班分けで班長というものがあり、引越しの挨拶はその班全員にする必要があったみたいなのです。私の実家は町内会で回覧板が回るレベルの付き合いしかなかったので、隣組なんて社会の教科書で読んだくらい。本当にびっくりしました。

慌てて和菓子店で2千円くらいの菓子折りをもって、班長さん宅へ行き、挨拶が遅くなった無礼をお詫びしました。後日、「あんないいものもらったら申し訳ないから」とさらに半返しくらいのお菓子をお返しにいただきました。

結婚して初めての入居でこれだったので、世帯をもって近所付き合いするって色々難しいんだなあと思ったのをよく覚えています。あれ以来、単身引越しの挨拶にはかなりナーバスになってしまいます。その地域ごとに事情が全く違って、自分はそれが全くわからないので、本当に大変ですね。

狭いアパートでの生活

私が初めて引っ越したのは大学に行くためでした。田舎すぎる実家から遠く離れ、狭いアパートで大学生活4年間すごしました。そして社会人になってから少しだけ家賃の高いアパートへ引越しをしました。 新しい住まいで一年が過ぎ… ふと初めて住んだアパートは今はどうなっているんだろう、見てみようと思い立ちました。

季節は春。花見がてらちょっとした距離を自転車で行ってみました。そこは小さいアパートで全部で6戸ありました。行ってみると入居は1戸のみになっており、なんだかわからない看板。看板の名前からしてスピリチュアル団体なのか、新興宗教なのか、そんな雰囲気がありました。学生のときに偶然わたしにお酒や遊びを教えてくれることになった一階のお兄さんの部屋も空室になって、入居してない5戸全てに雨戸ががっちりと閉まっていました。

さらに一年後、またふと思い立ち、さらにまたしても花見の時期にいってみたんです。 ……更地になってました(笑) そこには今、なにか建っているのでしょうか。それから数年たち、いろいろなところに引越しました。今は距離がありすぎて確かめることはがありませんが、時々あのアパート跡が気になっています。

引越しによって広がる人間関係

引越しによって住居を移動すると何もかもが新鮮に思えます。日頃歩く道も変わるし、買物をする店も、理髪店、クリーニング店も変わります。わからなくて戸惑うこともありますが、全ての行為を新鮮な気持ちで行うことができることと思います。

そして新しい土地では、新しい出会いがあります。「向こう三軒両隣」と言われる地縁が希薄となった現代社会ですが、身近な生活で関わり合いの多い土地の人との人間関係は大切にしたいものです。

幅広い人間関係は、自分の生活を豊かにするものです。引っ越したタイミングでの人間関係作りは絶好のチャンスと言うことができます。新しい土地での生活情報もより多く仕入れることができるし、より多くの人と話をすることによって、新しい価値観に気づき視野が広がってきます。仕事や趣味の話をすることによって大きく人生観を変えることにもなるでしょう。

引越しをしたら見知らぬ人から隠れるようなことは避け、どんどん積極的に地域の人といろいろな会話を楽しみたいものです。希薄になりつつある地縁に積極的に関わることによって得られるものは計り知れないです。引越ししてからも、いい人間関係をつくりたいですね。

引越しの後の片付け作業中です

この間引越しをしたので、ここ最近ずっと荷物の片づけをしています。

引越し自体は業者さんに頼みましたが、細かい物が詰まった段ボールは、収納場所を決めて開封しながら片付けていかないと収拾がつかないので、まだ未開封の段ボールがいくつか残っているのです。

収納場所を決めるのって難しいです。

そのせいで、段ボールの開封作業もなかなか進まずに時間がかかっています。

すぐに使いたい食器や服などは、とりあえず開封して適当に収納してあるのですが、それもまた、どこに何があるか把握できていなくて使いにくいです。

早く全部の段ボールを空にして整理整頓も終わって快適に生活できるようにしたいです。 まだ先は長そうですが、こつこつ頑張るしかないですね。